Biolabo Co., Ltd.
株式会社ビオラボ

設備・研究所

当社は2008年に(株)グローバルエンジニアリングのバイオ事業部として創立して以来、神戸医療産業都市のレンタルラボに研究所を構え、独自の研究や技術開発を行ってきました。
2018年11月には、さらなる事業拡大を目的とし、神戸市に自社研究所を新設しました。

研究所紹介

新研究所ではこれまでのような規格試験や安全性試験、機能性試験を実施できる設備を備えているほか、大型の凍結乾燥機なども導入し、原料の粉末化を自社で行える体制を有しています。

研究所

大型凍結乾燥機

大型凍結乾燥機
自社研究所への移転後、新たに導入した真空凍結乾燥機です。凍結させた状態の試料から水分を昇華させて取り除くフリーズドライ加工を行う装置で、対象物の組織を破壊しないように乾燥させることができます。
このフリーズドライ加工を液体の原料に対して行うことで、栄養成分や色の変化を少なく抑えたまま、長期保存が可能な粉末状の原料を製造することができます。
弊社ではこの凍結乾燥機を用いて、自社原料の製造(微生物原料の場合は培養)から凍結乾燥、粉末化までを一貫して行うことができます。

その他の装置

  • 連続遠心分離機
    連続遠心分離機

    高速回転することによって、遠心力を利用し比重差のあるものを分離する装置です。
    当社では、主にBiProGE(R)納豆菌の菌体(芽胞)を集めるために、使用しています。

  • クリーンベンチ
    クリーンベンチ

    無菌実験台ともよばれ、装置の中で無菌的に作業を行うためのものです。
    周囲からの微生物の混入を避けるため、机の上のようなスペースで周囲に壁と天井を設けた、箱のような構造をしています。