Nanaha Corporation Co.,Ltd.
株式会社なな葉コーポレーション

新しい栽培のスタイルで、毎日の健康をサポート。

株式会社なな葉コーポレーションでは、安心・安全と品質にこだわり、研究成果を活かした商品を揃えています。

宮崎県における産学官共同研究事業の研究成果よりラビットアイブルーベリーには、優れた機能性があることが解明されております。当社は宮崎大学発ベンチャー企業として設立され、宮崎大学で育種されたラビットアイブルーベリー「くにさと35号」を利用した試験研究成果をもとに栽培・加工指導をつうじて機能性を生かした商品開発・販売を行っております。ラビットアイブルーベリーの商品を通じて皆様の健康を応援・サポートいたします。

株式会社GEホールディングスでは、グループ会社間の連携により、農作物の生産にとどまらず、バイオテクノロジーの技術を応用することで多数の農作物の研究開発・新たな効能の発見から、新たな商品開発・販売までワンストップで行っています。
その中で、株式会社なな葉コーポレーションはラビットアイブルーベリーを中心とした栽培を担っています。

株式会社なな葉コーポレーションについて

株式会社なな葉コーポレーションについて

当社は、宮崎県地域結集型事業で得られた成果を活用し、商品開発と販売・栽培普及と面積拡大による生産者の所得向上と地域ブランド化をめざし、平成23年1月 宮崎大学発ベンチャー企業として設立いたしました。
「なな葉コーポレーション」の社名の『なな葉』は、ブルーベリー事業に深く関わる5名と事業を支援している2つの機関【宮崎大学・宮崎県】を合わせた『7(なな)』とブル-ベリーの『葉』にちなんで命名しております。

安心・安全への取り組み

安心・安全への取り組み

ブルーベリー葉茶の原料を栽培する圃場は、宮崎ブルーベリー葉栽培連絡協議会の申し合わせにより、ブルーベリー苗を植付け以降一切農薬を使用せず育てられます。
当社では、宮崎大学をはじめとする関係機関と協力し、勉強会や圃場巡回を通して、安定生産・供給に向けたお手伝いをしております。

品質へのこだわり

品質へのこだわり

収穫は、ブルーベリー葉の機能性成分「プロアントシアニジン」を関係機関にて分析し、基準成分量に達した圃場から収穫を始めます。ブルーベリー葉茶は、生産者・関係機関そして当社が一体となり安心・安全の品質を守っております。
近年品質面でこだわっているのは、商品目的に応じたブルーベリー茎葉の収穫タイミングと加工方法です。 エキス末やパウダー用の原料は、ポリフェノール含量が高く含まれるように、年1回収穫で、収穫時期が遅い(晩秋)ほど良いとの結果が出ております。一方、お茶に使用する原料は、渋み(ポリフェノール)酸味(キナ酸)とのバランスを考えて、夏~初秋の収穫物をブレンドして飲みやすくしております。

なな葉コーポレーションの詳細へ

株式会社なな葉コーポレーション

住所
〒886-0007 宮崎県小林市真方760番地
TEL
0984-27-3851
FAX
0984-27-3857

GEホールディングスの会社情報