Information
ニュースリリース

2018.02.07

コラム

【#青木健先生の健やかルーム Vol.28】

毎日を健やかに生きていくために

青木健(一般社団法人 中部アニマルセラピー協会 代表理事)

コミュニケーション

大学の期末試験が終わった!
単位が足りずに留年する者、卒業が決まりホッとする者、それぞれの状況は異なりますが、寒い中にも少しずつ春が近づいてくる時期です。
テストの合間にも授業があるのですが、私のアニマルセラピーの授業では、犬を抱きながら安堵の表情をする生徒が何人もいます。授業中に犬を介在させるせいか、私と生徒達との距離は他の授業に比べ近いように感じます。
そのためか、不安を抱えた生徒からの相談も多いですが、相談というより本音を話せる友人の存在がなく私のところに来ているような気がします。
アメリカのコロンビア大学では新学期になるとセラピードッグと一緒に友達を作るイベントがあるそうで、犬が介在することで人のコミュニケーションを円滑にし、大学生活の第一歩でのつまずきを防ぐことができるとのことです。
犬の力が偉大なのか、人の力が劣ったのか分かりませんが、現代社会で疎かになりがちな、人と人が「分かり合う」というコミュニケーションの基本をもっと大切にして欲しいものだと思いました。

 

次回更新をお楽しみに(^_-)-☆

#アニマルセラピー #コミュニケーション #セラピードッグ #動物 #びおらいふ