Materials
取扱い原料

ブルーベリー葉粉末

宮崎県産の無農薬ブルーベリー葉をまるごと粉末化。
生活習慣病予防やアンチエイジング効果に期待できます。

ポロフェノールの王様とも言われる、プロアントシアニジンを15%以上含んでいるブルーベリー葉粉末。高い抗酸化力を持ち、抗脂肪肝作用、血圧上昇抑制作用、アルコール代謝亢進及びアルコール性肝障害抑制作用、C型肝炎ウイルス産生抑制効果などの機能も確認されています。
また食物繊維も含まれていますので、腸内環境を整え、便通を改善するなどの効果が期待できます。青汁など健康食品の効果を強化する目的での利用もおすすめです。

3つの特長

1.ブルーベリー葉をまるごと粉末化

弊社の研究により、「くにさと35号」の収穫を年一回のタイミングにすることで、プロアントシアニジンなどの成分が豊富に含有されることがわかりました。
それを、200メッシュパスという細かい粒子で粉砕加工。青汁やお茶などに混ぜても、のどごしが良く、配合に適しています。

2.抗酸化や血圧降下作用など多くの機能性を確認

機能性に関与する成分であるプロアントシアニジン、キナ酸、クロロゲン酸が含有されているため、高い抗酸化力に期待ができます。また、宮崎大学での研究にて血圧上昇抑制や脂肪肝、抗腫瘍作用が確認されています。

3.完全無農薬栽培で厳しく品質管理

「くにさと35号」は、宮崎県の一部農家のみで栽培されている希少性の高いブルーベリーです。プロアントシアニジンなどの成分の含有量を高くするため、果実をつけない特別な方法で、完全無農薬栽培されています。弊社は、国産の原材料のみを厳選するとともに、粉末化も国内製造にこだわりました。

原料一覧