Information
ニュースリリース

2018.08.23

コラム

【神保先生のメディカルコラム Vol.12】

快適な生活と健康の実現のために

神保太樹(統合医療研究所 T-LAB 所長)

「夏の健康管理④」

皆さんこんにちは。
猛暑の今年は、夏風邪ばかりでなく熱中症などにも十分注意し、楽しい夏を送りたいですね。
さて、今回はセルフメディケーション税制についてです。この税制は簡単に言うと、特定成分を含む医薬品を年間1万2000円を超えて購入した際に、超えた分の金額が所得から控除される、という税制です。この適用を受けるためには要件があり、基本的には所謂がん検診、メタボ健診、予防接種などの定期健診を受けていることが必要です。また、従来の医療費控除とも併用することができません。この両者の金銭的な違いは、差し引かれる基礎的な金額にあります。前者は基本的には10万円が差し引かれますが、セルフメディケーション税制では1万2000円が差し引かれますので、人によってはこちらのほうがお得になる、ということになります。
このように、場合によってはお得な税制ではあるのですが、残念ながらその認知度はあまり高くなく、業界調査でさえ50%程度です。皆さんはこの税制について覚えておき、活用してみてくださいね。

 

次回更新をお楽しみに(^_-)-☆

#はからめ #夏 #健康 #夏風邪 #セルフメディケーション税制